ピンポン!
LINE の軽快な返信音に反して、心にどっしりと鳴り響く、やさしいお断りの文言。

ああ、明日、どんな顔をして彼女に会えばいいのだろう。

そんな風に、気に病みすぎてしまうだなんて。
周囲の人は、「そんなの普通にすればいいじゃん」だなんて気楽に言ってくる。

けれど、どうしても、なんとなく気まずいカンジがしてしまって。

そんな恋愛初心者のあなたに問います。

そもそも、なぜあなたは「気まずい」だなんて思うのでしょうか?

それは、相手を意識しすぎてしまって、不安や緊張が強くなってしまっているからなのではないでしょうか?

私の立場から、はっきりと、そして正直に言います。

そういう恋は、大体みのりにくいです。

「自分が相手からどう思われているのだろうか?」
そんな不安で心がいっぱいになってしまい、自分の感情だけで手一杯になってしまうからです。

すると、相手のことをほんとうの意味で気遣ったり、思いやる余裕がなくなってしまいます。

月並みなアドバイスかもしれませんが、まずは、気楽に考えることが重要です。

考え方を変えて、余裕が出てくれば、自然と「気まずさ」は軽減することができるようになるからです。

しかし、「考え方を変えろ」と言っても、
具体的に何をすればいいか、どんな考え方をするようにすればいいのか。

その点について、きちんとした正しい考えを持っている人は、あまりいません。

そこで、今回の記事では、「有利な立ち位置」という考え方をレクチャーします。

「有利な立ち位置」を理解すれば、自分がどんなポジションで相手と接すればいいのかがわかるようになります。

そして、その「立ち位置」にふさわしい行動や考え方を「意識する」ことによって、「気まずい雰囲気」を挽回できるようになるのです。

「気まずさ」を消そうとしない

考え方を変えることができれば、あなたが感じる「気まずい」という感情を軽減することができます。

そして、その際に重要なことは、「気まずさを消そうとしない」ことです。

人間はある感情を隠して、抑え込もうとすればするほど、かえってその感情が強くなってしまうことがあります。

これは俗に、「ブーメラン効果」と呼ばれます。

例えばあなたがダイエットをしていたとして、目の前に美味しそうなチョコレートケーキがあったとしましょう。

そこであなたは、自分にこう言い聞かせます。

「チョコレートケーキなんて食べたくない。」
「そんなもの、今は欲しくない。」

そして、そんなふうに自分に言い聞かせれば言い聞かせるほど、そのチョコレートケーキがあなたは欲しくて仕方がなくなってしまいます。

それと同じことなのです。

自分が、「気まずくない」と思おうとすればするほど、かえって「気まずい」という気持ちは膨れ上がってしまいます。

すでに今、自分の心の中にある感情を、消してしまうこと、なくしてしまうことはできません。

だからこそ、自分の中にある感情を、時間をかけて小さくしていくことが重要なのです。

ですので、前提として、「時間をかけて接する」ことを頭に入れておいてください。

そして、今あなたが注力すべき課題は、「気まずい」という感情から意識をそらすことです。

意識をそらすということは、別のことに意識を傾けるということです。

あなたにとって、「有利な立ち位置」を理解し、その「立ち位置を意識した振る舞い」を意識すれば、「気まずい」という感情に気を取られにくくなります。

そもそもあなたは、不安があるから「気まずい」と思っているのです。

「どう振る舞っていいかがわからない」から、気まずくなっているのです。

自分のすべき「立ち居振る舞い」がわかっていて、そうすることだけを頭に入れておけば、気まずさは感じにくくなります。

気まずさを感じる必要がなくなるからです。

気まずさを挽回する「有利な立ち位置」とは?

あなたは今、彼女に対して一体どんな気持ちを心に抱いているのでしょうか?

人は通常、相手に対して抱いている感情に応じて、自らの「立ち位置」を決定します。

逆に言えば、自らの「理想的な立ち位置」から逆算して、行動を選択し、感情を伝えることができれば、
あなたは彼女に対して、常に有利な立ち居振る舞いをすることができるのです。

あなたが彼女に対して、圧倒的に有利になる立ち位置があります。

それは、「彼女のことが明確に好きというわけではないが、なぜか時おり気になってしまう時がある」という態度で接することです。

こういったマインドで相手と接することは、 相手側にとってもメリットがあります。

彼女も誘いを断ってしまった以上、後ろめたさを感じているはずです。
相手も「特別な好意をふみにじった」と思うと、とてつもなく後ろめたく感じるのです。

でも、あなたから「ちょっと気になったから声をかけてみたくなった」という態度を取られたら、案外悪い気がしないものです。

自分の魅力を好意的に評価してもらえたのだから、 嫌な気分がするはずはないのです。
(下心が見え見えだと、軽蔑しますが…。)

ただし、ここで注意しておきたいのが、あくまでも一貫性を持ったアプローチを意識することです。

例えば、絶対にやってはいけないのが、好意を完全に隠そうとして、「興味がないような素振り」をすることです。

手のひらを返したように振る舞うと、「下心があるのではないか」とか、「不誠実な人」という印象を与えてしまうからです。

あなたはすでに、彼女を「デートに誘ってしまった」のです。

それに対して、矛盾した行動は、信頼感を著しく損なってしまいます。

矛盾しない、一貫した行動を見せることで、誠実さや信頼性、安心感をアピールできるようになることを肝に銘じておいてください

「有利な立ち位置」を維持するために必要な心構えとしては、決して「特別な好意」は見せようとしないということです。

見せるのは「親切心」です。

人はみな、まだ完全に打ち解けてない関係の人から特別扱いをされると、つい身構えてしまうものだからです。

「有利な立ち位置」を使って、「気まずい関係」を逆手に取る

なぜ相手に「特別な好意」を見せるべきではないのでしょうか ?

それは、「好意の返報性」という心理によって、「特別な好意」は重く感じてしまうからです。(詳しくは、意外と盲点?男子がデートに断られる理由の多くは○○という記事に記載しております)

好意の返報性は、社会的圧力としても働きます。

自分がそこまで好きじゃない人から「熱烈なアプローチ」を受けると、同じだけの「好意」を相手に返すことができないので、とても重く感じてしまうのです。

しかし、小さな「親切」であれば、誰にとっても「返しやすい」ものになります。

相手にとって、負担にならないという意味で、「親切」は「好意」よりも望ましい効果を発揮しうるのです。

そして、実は「相手にとって負担にならない」ということ以上に、「親切さ」を強調するメリットがあります。

それは、「有利な立ち位置」を駆使して、相手に駆け引きを行うことができるということです。

これは心理学の調査でもわかったことなのですが、女性は、「彼はあなたに興味があります」と言われた時よりも、「彼があなたに興味があるかどうかはわかりません」と言われた時の方が、その男性のことを魅力的だと思うようになったのです。

人は、相手が「自分のことを好きなのか、好きじゃないのかわからない」と、つい気になってしまう生き物なのです。

ただし、極端な駆け引きは好ましくありません。

女性は警戒心が強く、相手が「信頼できるかどうか」をよく見定める生き物だからです。

どんな駆け引きをするにせよ、「相手に興味のないふり」をするのは、「信頼関係」を壊しかねません。

そのため、「親切であること」のみが必要不可欠です。

だから、基本的にあなたは「相手に対して親切であること」に徹するべきです。

そして、 5回に1回くらいは「少しだけ思わせぶりなこと」を発言します。

繰り返して言いますが、あなたは「彼女のことが明確に好きというわけではないが、なぜか時おり気になってしまう時がある」という態度で接するようにしてください。

「好きか好きじゃないのか」が曖昧で、「少し思わせぶり」な態度を取られると、相手はそのことが気になってしまうからです。

何度も言いますが、基本戦術は、ひたすら「親切であること」を意識してください。

「友達として親切にしてくれているのか、それとも特別な異性として意識してくれているのかがわからない」

もし一度でも、あなたがそんな存在になってしまったとしたら。

相手にとっては、「気まずさ」が徐々に心を蝕む、恋の神経毒になってしまうのです。

「有利な立ち位置」で親切にすることこそが、最強の駆け引きになるのです。

「気まずくない感情」を全面的に押し出す

「有利な立ち位置」を維持するためには、感情のコントロールが欠かせません。

あなたは「仲良くなりたい理由」を変えることで、「有利な立ち位置」を維持するためのメンタルコントロールが簡単になります。

まず、「もっと仲良くなれたら、楽しいかもな」と思っているから、声をかけている、たまに誘っているというスタンスで接するようにしてください。

「好きだから」という理由がつきまとってくると、相手にとっては重いし、自分も気まずいのです。

でも、単に「楽しそうだから」、「気が合いそうだから」という理由を表に出すと、お互いに嫌な気分がしないものです。

「〇〇みたいな人とはあんまり友だちになったことがなかったから。
話も合いそうだし、遊びに誘ってみたくなったんだ」と、鏡の前で繰り返し言ってみてください。

それから、「大人の余裕マインド」を習得することも重要です。

「相手に気をつかわせてしまったことを 、気づかう」ような演出をするのです。

「でも、あんまり〇〇の気持ち考えてなかったよな。
急に誘われたら、ちょっと身構えちゃうよな。
もう少し仲良くなったら、また誘っていいかな?」

と、こんな具合です。

「相手に気をつかわせてしまったことを心配する」というのは、大人の余裕がなければできないマインドです。

このマインドを持ったまま、あなたが決して動じることがなければ、相手に「私が警戒しすぎただけなのかな?」と思わせることができます。

そうすればしめたものです。

「さりげなさ」こそが最大の武器

重ね重ね言いますが、今の段階では、「魅力」をアピールするのではなく、「親切さ」、「さりげない優しさ」を大切にする必要があります。

特に、男性は「行動」で示そうとする傾向がありますが、そうするととってつけたようになります。

そもそも、行動なんてものはいくらでも取り繕えるものなのです。
わざとらしくなり、逆効果なときの方が少なくありません。

過度な感情表現ではなく、自然な優しさを感じさせるような、話し方、表情、コミュニケーションが不可欠になります。

そのためにも、相手の言ったことに相槌を入れるという基本的なことや、自然で緊張のない笑顔といった身体言語に着目してみてください。

また、あたり障りのないことを話すのではなく、お互いの親密度を深めるようなコミュニケーションを心がけてください。

結論:「有利な立ち位置」を意識することで、気まずさは挽回できる

「恋愛状態」では、なんでもものごとを極端に考えるようになってしまうものです。

しかし、実は、曖昧でどちらとも言えないという態度をとっていたほうが、関係性の初期では圧倒的に有利です。
なによりも、「有利な立ち位置」を取ることで、落ち着いて行動できるようになります。

「有利な立ち位置」を意識することによって、「気まずい雰囲気」は挽回できるようになるのです。

「有利な立ち位置」とは、あなたから見た場合は、
「彼女のことが明確に好きというわけではないが、なぜか時おり気になってしまう時がある」という姿勢のことです。

そして、彼女から見た場合は、
「自分に対していつも親切で優しいが、たまに思わせぶりで、友人として親切にしてくれているのか、それとも特別な好意を寄せてくれているのかがわからない」という関係のことです。

「有利な立ち位置」では、「さりげない優しさ」こそが最大の武器になります。

「さりげない優しさ」とは、日常のささいなコミュニケーションによって生まれるものです。

気の利いた話題や、相手に好感を持ってもらえるような身体言語スキルも必要になります。

ひとまずは、あまり深く考えすぎず、「有利な立ち位置」に自分がなりきって行動するよう心がけてみてください!